得意分野、事例などの紹介各種工業教育教材の紹介民間企業のお客様へ教育関係のお客様へ個人のお客様へ会社概要
会社概要
社長挨拶
社員の共有理念
事業目標
事業沿革
アクセス
お問い合わせ
HOME会社概要 >事業沿革
事業沿革

1983年3月

コンピュータ関連事業(ユニー(株)バイナス事業部)として事業を開始発足当初にコンピュータ教育、人工知能、ロボットなどコンピュータ関連での新規事業の検証を行った後、現在の中心事業であるFAや産業用ロボットに代表されるメカトロニクス分野の教育事業に集中し事業活動を行って参りました。

2006年1月

(株)バイナスの設立・事業開始
ユニー(株)の子会社として、バイナス事業部が分社化されました。

2008年10月

CDS(株)の子会社となる。
当社の全株式がユニー(株)からCDS(株)に譲渡され、CDSグループ企業として新たなスタートを切りました。

2010年7月

本社内にロボットラボセンターを設置。パラレルリンク型ロボットをはじめ、各種アームロボットを設置し、実機検証を行えます。多機能組立ロボット、画像処理とコンベアを使用したトラッキングシステムなど様々なソリューションをご覧頂けます。

2014年4月

新社屋・工場(現在の所在地)が完成し、操業開始。用途別の次世代ロボットシステムを開発・検証するラボブースや、教育研修用のトレーニングルームを設け、当社の掲げる”最先端のロボット技術によるソリューション発信”の拠点にしてまいります。